2013年10月アーカイブ

ジャコーランタンって知っていますか?

 

私は恥ずかしながら、この前、同じ勤め先の薬局の他の薬剤師に教えてもらいました!

ジャコーランタンって、この時期に良く?見るカボチャのランタンらしいのです。

少し調べたら、「ジャックランタン」とか「ジャッコランタン」なんて呼ばれたりするそうなんですが、これは呼ばれたりするって言うよりは、発音の違いなのかな?

何でもアメリカとかではなく、アイルランドとかスコットランドに伝わる、日本でもある「鬼火」のようなものらしいのです!

 

まあどっちにしても、日本にこれほど「ハロウィン」が浸透?するなんて思いもしなかったなあ!

確かに装飾とかは可愛いものが多いですよね!

自分のお家も飾ってみようかな?

でももうクリスマスか?

薬剤師になりたいと考えておられる方の中には、以前懸命に薬学知識を蓄えたにも関わらず、結局、別の職業に就いたという方も存在すれば、薬剤師の資格を取得したものの、今では、薬剤師としてではなく、関係のない部署で、公務員をしていると、言う方も意外と多く存在します。

こうした方々の中には、実は、今の仕事が、やりがいが無く、仕事への意欲も持てない、ということで、いましている公務員の仕事から、薬剤師へ転職したいと願っている方も多い。
しかし、資格を持ってはいるものの、経験がない、こうした公務員等が、薬剤師への転職を果たせるのだろうか?

この結論をいうなれば、もちろんその資格を持つ方であれば、経験がない場合にも、転職を果たすことは可能です。
そもそも薬剤師は、大学を卒業し国家試験に合格していれば、当然資格をもらえますし、資格がある以上、薬剤師である事には限りありませんから、例え、それまでが公務員であっても薬剤師へ転職を果たすことは、可能なのです。

既に資格は保持しているという事で、再度大学へ通い、卒業し、国家試験を受け、試験を取得という形でない場合、経験がない事から、研修を受け、その業務に就くという事は、大いに可能な事と言えるでしょう。
要するに、『資格』さえ、持つ方なら、公務員からであろうが、他職業からであろうが、薬剤師として働く事は、十分に可能な話。

しかしながら、公務員から、薬剤師への転職は、不可能ではないものの、この時代にそれを行うためのリスクは決して少なくないという事は十分認識すべき点ではないかと思います。
昨今の不況、就職難と言われる時代の中で公務員という存在の安定感は非常に重宝されていると言っても過言ではありません。
その公務員を捨て、新たに薬剤師となるメリットは、少なくても収入の面では考えられません。

もちろん進んでいくのは、ご自身ですから、昔からの『夢』のために、それを何とか実現したいという事で、公務員を辞める場合は、仕方がないとも言えますが、なんとなく、今の仕事が嫌だ、何となく資格があるから薬剤師へ、という場合は、勧められる事ではありませんので、よく検討されるべきですね。

このように、資格を持つ公務員の方なら、薬剤師への転職は、果たせる事となりますが、逆に薬剤師が公務員になれるかと言えば、こうしたケースが、昨今非常に増えており、薬局、病院、ドラッグストアよりも、若い薬剤師が望むのは、何より安定性の高い公務員ということもいえるのです。だってドラッグストアの薬剤師ってこんな感じなんですよ!?・・・まあそうなりますわね・・・

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク

  • Google
  • 薬剤師さんの就職先は多様化していっています!薬局だけではなく一般企業などまで。「外資系企業の薬剤師求人特集」では、その中でもレアで人気の高い求人を集めたサイトになります。